紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

つばさ10月号の表紙絵   ★ここせん10月 トリトリ選 ●川柳道場 「箱] ●折句「あ・な・た」「わ・た・し」 〆切10/19  到着済み 恵・よったま・たかこ・さだお・むーんらいと・喜宏・風化・せいてん・まこと・なごみ・春爺・ミモリ


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

2016年 08月 17日 ( 1 )

阿波踊り2016

ただいまぁ~!
一かけ二かけ三かけて
四(し)かけた踊りは止められぬ
五かけ六かけ七かけて
八(や)っぱり踊りは止められぬ

ア、ヤットサー、ア、ヤットヤット
b0338781_08240550.jpg
b0338781_08360821.jpg
b0338781_08355148.jpg
b0338781_08244828.jpg
b0338781_08354016.jpg
b0338781_08254382.jpg
b0338781_08252877.jpg
b0338781_08402912.jpg


またまた、2週間前に決めた徳島行き。2泊3日で子ども3人と飛行機+レンタカーの旅。旦那は16日が仕事のためパス (*^^*)
本物の阿波踊りを満喫できた。市内のあちこちに演舞場が作られ、有名連や有名人の来る連の演舞場は有料となっていた。息子の連は無名の連なので、あちこちを踊っていたようだが、その最初の踊りを阿波踊り会館近くの演舞場で見ることができた。連の名は「あせち連」。化学物質の名前からとったらしい。青い浴衣一色で派手さはないが、「若者らしさ」はあったかな。東京大学や東京理科大の連もあったのには驚いた。

場所を移して、川沿いの藍場浜演舞場。ここは有料で両脇に10段くらいのスタンドができていた。6段目の席から良く見えた。サッカーの武田修浩選手だけ、私にもわかった。阿波踊りの素晴らしさは、集団になったりパッと散ったり、座って他の演技を引き立たせたり・・・踊りの構成が凝っていることだ。女踊り・男踊り・オリジナル・・・  徳島市民はみんな踊ってるんじゃないの?というくらいのすごい人数。結局私は浴衣も持参せず、踊りもしなかったが、それでも楽しかった。

写真をたくさん撮ったけど、この辺でつばさの編集にかかります。若者との旅は楽ちんでした (*^^)v ホテルは、1部屋に雑魚寝。2泊2朝食でゼロ円なり~~~
[PR]
by synjyoko | 2016-08-17 09:20 | Comments(12)