紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

☆温泉川柳募集中 〆切 7/31  ひとり2句まで  ★ここせん7月川柳道場「しとしと」 折句「ま・な・つ」「ほ・た・る」受付中!


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

てんがらもんラジオ

20名の投句!
昨日はてんがらもんラジオだった。何と投句者が20名で58句が集まった。事前に「選」と添削を行うのだが、さすがに数が多くて大変だった。次回から、1人3句を2句に減らしてもらうことにした。それにしても、嬉しい悲鳴だ ヽ(^o^)丿 川柳が思わぬところから広がっている。
b0338781_06411506.jpg

b0338781_06404810.jpg

ほとんどが「川柳初めてです!」のみなさん。題から外れることも多々。⇒印は添削句になる。

題「時計」
入選句
《番外編》
⇒たくさんの思い出置いて母は逝く  ボブ
・想い出を辿る眼差し生き生きと  スーちゃん

《入選》
・働かん のに時来れば 腹時計  ひげ爺
・腹時計うなぎのにおい感知する   久
・起こしてねアラーム代わり旦那様  マッピー
・父ちゃんの思い伝える古時計  ちどり
・日時計は雲の切れ間をじっと待つ やまいもほった
・花時計見惚れ気づけばひとまわり kao
⇒君と僕時計のいらぬ時過ごす  かえる
・雲たれる 日時計さびし 梅雨の空 なつめ
・たまに来る孫との時は(時計)あっと過ぎ 美智子
⇒決戦の時ドキドキの手術室  明美
・ときめいて時計を覗く初デイト ちどり
・目覚ましに明日もよろしくセットする 新屋敷ばあちゃん
⇒真夜中の風呂を時計に叱られる  孝子
・故郷に時を忘れた掛(古)時計 田舎もん

《佳作》
⑤・チクタクとふたりで刻む 光る朝  鈴音
④⇒君と刻む青い時計の過去未来  のびた
③・5分おきにご指名換える花時計 やまいもほった
②・旅立ちを二時間待って母は逝く あさがお
①・花時計そわそわしてるワンピ-ス  田舎もん

《準特選》
②・亡き母の面影残す腕時計  魔女
①⇒人生の残り時間を訊く時計 ワイコマ

《特選》
・秒針は働き過ぎで背を伸ばし 新屋敷ばあちゃん

《ヨイショ賞》
二時間に命を刻むてんがらもん  kao



午後は入来温泉湯之山館で営業活動。川柳をカウンター下に貼ってもらったことと、金平糖「いりきらり」の委託販売をお願いできた。
また、温泉の無料券もゲットできたので、温泉川柳の景品に使える。
b0338781_06402799.jpg


b0338781_06400417.jpg

[PR]
# by synjyoko | 2017-06-09 06:55 | Comments(4)

絵手紙同好会

絵手紙

ワタクシの雑な作品
b0338781_06510942.jpg
書いてから「恋せよとうす桃色の花が咲く」に似てしまったと思った。

仲間Sさんの作品
b0338781_07440448.jpg


Eさん、Iさんの作品
b0338781_07450810.jpg


終了後、みんなでランチへ。「もんじょ」に行ったことがないというので、「もんじょ」の開いている日に、教室を月曜から水曜に変更したのだった。
b0338781_07485547.jpg
これに揚げたての天ぷら、かぼちゃ、エビ、クサギ がついた。塩で食べる。

雨で庭のみどりが、ひときわきれいだった!
b0338781_07495112.jpg


デザートも大満足。
b0338781_07502336.jpg
プリンにカラメルをかけて上からバーナーで焼いてある。ゼリーもほんのり苦味があって美味しい。
[PR]
# by synjyoko | 2017-06-08 07:54 | Comments(7)

薩摩川内市芸能祭

素晴らしい!
実は今年度から薩摩川内市文化協会入来支部の支部長を仰せつかったものだから、昨日は市の文化協会主催の芸能祭の手伝いだった。
b0338781_23461760.jpg

何か見たような人がいるなぁと思っていいたら、入来の副田の消防団から2名が木遣り歌に参加していた。
b0338781_23490740.jpg


旦那の同級生で名前も同じ「こういち」さんが、センターでメインの唄い手だった。
b0338781_23505176.jpg


次からは3つ続けての郷土芸能。1つ目の山田楽は普通の太鼓踊り(鉦踊り)に、桃太郎(若武者)と鬼(天狗)が組み合わされていて、物語仕立てのようになっている。単調なズシキャンキャン(太鼓踊りの別称)を見慣れているので、新鮮に映った。
b0338781_23522529.jpg


次が甑島の「さっこら踊り」。あまりに惹きつけられ過ぎて写真を撮るのも忘れてしまった。浴衣にねじり鉢巻きの男たちが、輪になって単調な踊りを繰り返す。6拍子で手を振り上げながら、ガニ股で歩いていく。盆踊りは天を仰ぎながら踊るものだが、これは体をかがめてずんずん歩くようにして踊る。「さっこら さっこら」の掛け声が勇ましい。ナマの唄声、最後は蛙になってぴょんぴょん跳びながら退場する。演出のように数人転んで笑いを誘っていた。

もう一つはやはり甑島の出羽踊。こちらは三味線と唄が壇上に登っている。きれいな色の衣装に烏帽子姿、トランプのジャックのような化粧だったような・・・
中腰で踊り続け、恥じ始まりと終わりに、直立からじわじわと中腰になるのが一番辛そうだった。
b0338781_00035283.jpg

 
お客さんは8割ほどかな
b0338781_09553657.jpg


常熟市の使節団は、おそらくプロ中のプロなのだろうと思われる。素晴らしすぎる、驚嘆した!
司会者は翡翠色のシースルーのスーツ。脇のスリットがなまめかしい。
b0338781_09571188.jpg


スレンダーな肢体と、のびやかな声。メロディーも声も大陸的だった。
b0338781_09581622.jpg


男女掛け合いの、石臼曳きの唄。これもコミカルな動きと美しい声、魂を取られたように見入った。
b0338781_10003787.jpg


あちらでも大人気だという「北国の春」独唱。姿勢も良くて、東海林太郎さんが歌っているようだった。もちろん声もばっちり。
b0338781_10010106.jpg


かわいらしくて美しくて・・・3人娘の「刺繍の踊り」 小さな椅子を持って踊る。しなやかな肢体が弾むように踊る。
b0338781_10023682.jpg

男女での唄。これも聞き惚れた。
b0338781_10043766.jpg


常熟市の皆さんのステージが素晴らしすぎて、以降はどうしても見劣りしてしまった ((+_+))
九州の民謡メドレー
b0338781_10065724.jpg


詩吟の朗詠。初めて本格的なものを聞いたので、ちょっと感動した。
b0338781_10080027.jpg


お隣東郷町のコーラス。人数が多くて羨ましい。
b0338781_10085688.jpg


入来のみなさん。局は「鹿児島パラダイス」、出だしがトルコ行進曲のメロディでテンポが良い。知り合いがたくさん出ていた。
b0338781_10105744.jpg


最後のハンヤ踊りは構成が素晴らしく、さすがだなぁと思った。
b0338781_10121172.jpg


あけみちゃんと一緒に、薩摩川内市文化協会での初仕事だった。いろいろと顔見知りになれたので有意義だった。
何より、素晴らしい芸能にどっぷり浸かれたのが良かった。皆さんの熱演に心が洗われた。

[PR]
# by synjyoko | 2017-06-05 10:16 | Comments(4)

献血

献血アウト!
b0338781_11032602.jpg
昨日は入来に献血車が来ていて、うちの前も広報していたので行ってみることにした。血液センターは元の職場だから知り合いもいるかなぁ~、くらいの気持ちで。受付を通過、質問事項にパソコンで答える、23項目・・・。勘弁してくれ~と言いたくなった。アクエリ?ポカリ?どちらかを飲まされて、血圧チエック、睡眠時間は? あっ、4時間しか寝ていません。息子の高校総体で4時起きだったのだ。それから血液検査で、Hbが少なくてアウト!知り合いの看護師さんが1名。世間話をして帰りました。ちゃん、ちゃん!
[PR]
# by synjyoko | 2017-06-03 11:25 | Comments(4)

入来句会

6月入来句会
今日は1日。入来句会だったが出席は5名。
最初は3名で、1名を電話で呼び出し、あと1名は届け出済みの遅刻だった。
b0338781_17130310.jpg
こんなに少ないのは久しぶり。
川内組が減ったのは痛い。体調不良が2名。季節の変わり目は色々ありまして・・・

「会う」 石神 紅雀 選
また会えるかと握る友の手熱くなる   しず香
土壇場で別の私に会っている      孤 遊

「ほのか」 平川とよ子 選
俎板の音にほのかなだし匂う      ピアノ
闇の中にも燈っています希望の灯    あけみ


こんな日にやらなくてもいいのに、午前中は花の植え替え
b0338781_17202747.jpg
このコロンコロンのマリーゴールドを6本、道路沿いの花壇に植えた。
b0338781_17213967.jpg
花壇には去年植えたドイツ菊が生きている。
b0338781_17223826.jpg


そのほかの我が家に咲いている花は
b0338781_17233975.jpg
白蝶草(ガウラ)


ホタルブクロ赤・白  ドクダミ(十薬)
b0338781_17242482.jpg
b0338781_17251319.jpg



そして、母のバラ(喜入から移植したもの)
b0338781_17271580.jpg
葉が1枚もないのに花をつけた。水をかけながら、「地駄(地面)を掘ってみやん、1センチも濡れちゃおらんで」と言っていた母の言葉を思い出した。少々の水をかけても何もならないということ。どっさい かけたよ、母ちゃん!
[PR]
# by synjyoko | 2017-06-01 17:35 | Comments(2)