紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

★ここせん8月川柳道場 まゆみ 選 「接吻」 折句「い・な・か」「お・よ・ぐ」 到着済:よーこ・トリトリ・文切・颯爽・喜宏・のびた・まこと・ぱんだ・たかこ・清展・むーんらいと・ぶらっく・風化・春爺・ミモリ


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

ここせんスペシャル

国文祭の年明けだ!
ひっとべ 薩摩川内こころの川柳


1/3 12:00~13:00 
FMさつませんだい にて川柳のスペシャル番組


番組の経緯から・・・
第30回 国民文化祭かごしま2015 について 薩摩川内市での動き
・これまでの「ここせん」の流れについて  
【そもそも川柳って?】
・「川柳は心のつばさ」紹介
・「川柳つばさ」の紹介
・文芸川柳と爆笑川柳の違いについて
・さつま狂句との違い

【新春おめでとう川柳】

南日本新聞 新春文芸より 3作品の紹介 と 川柳火のしま 巻頭言より

1月1日入来へジャンプする  麻井文博


つばさ1月号より(除 あけみ作品)

きっちりと国文祭の年明ける  紅雀
あすなろのキラキラの目に託す夢  夢修
会いたいと今年も書いた年賀状  しず香
年明けた突いてみよう脳のツボ  やす子
ゆずり葉の深い意味知り身を正す しづ子
おめでとう誰彼に言う孫と行く  南風
石臼は花鉢と化し買うお餅    とよ子
あと3百65日あるゆるみ    ピアノ
ふる里の春に微笑を思い出す   紋章
来る年へ気迫を派手に研いでおく 清展
ふる里の訛りも届くおめでとう  あけみ


「ここせん賞」

事始めみんな笑顔で楽しもう  スマイルまきちゃん

【川柳相撲】 初めての試みです。これまでの1分間川柳を進化させて、勝負? 行司役が裁きます。
 番組オリジナル曲 「ユーモレスク」 クラリネット:小田原美紀さん・伴奏:中村紀子さん の約3分間で3題に挑戦。句会のように選者が披講して呼名をしました。ゆうすけさんは、時間切れで選者吟なしでした。2句目が勝ちの句です。今回はゆうすけさんの優勝でした。
(独り言:髪に降るのは雪じゃなくて霜ですかねぇ~。雪が降るって言わないのかなぁ? ぼそぼそ・・・)

「わくわく」 石神紅雀 選と出題
未年どんな歩みになるかしら   あけみ
年賀状まだかまだかとポスト見る ゆうすけ
ワクワクのラジオに躍る年の明け 選者

「笑う」  春田あけみ 選と出題
にらめっこいつも負けてるじいじの目 紅雀
年の瀬に居間から響く笑い声   ゆうすけ
子が笑う声につられてほこおりと 選者

「雪」   上栫ゆうすけ 選と出題
ふるさとに思いをはせるぼたん雪 あけみ
髪に雪降るまで君を妻とする   紅雀


【企業川柳の紹介】

「寿司」  谷山慈眼時 ひろ幸寿し さん

多数決やっぱり寿司が愛される (ヒトミ)
グルグルと客を眺めているお寿司(逸郎)
千鳥足手には妻へのすしを下げ(ピアノ)
助六で亊足る父の好き嫌い(清展)
またお寿司?なんて一度は言いたいね(めぐみ)
本物のネタはこんなに厚かった(モクレン)
すし詰めの汗の額に蚊が止まり(ようこ)
千鳥足すし折り片手昭和の日(みえ子)
握ってよ美味しい寿司と私の手(ぱんだ)
今年こそ回らぬ寿司で年越しを(ムーンライト)


「寺」  入来町 源正寺 さん

住職が説けば素直になれる耳(逸郎)
現代の駆け込み寺は市役所へ(ピアノ)
自販機が運勢売っているお寺(清展)
寺の門過去はリセットされている(めぐみ)
お寺にてお経を聞けば先祖くる(モクレン)
ユーモアの法話にはまる寺通い(みえ子)
百八の鐘では足らぬ煩悩か(ムーンライト)


「墓」  入来町  阿久根石材店 さん

聴きにゆく声なき声を墓参り(夢修)
急な坂上れば父母に会える墓地 (ヒトミ)
散骨が増えたら困る御影石(逸郎)
ご先祖に徹夜で詫びた墓終い(清展)
今頃はお墓の中で手を繋ぎ(ようこ)
墓石を磨く心が澄んでくる(めぐみ)
墓守が花を絶やさず今は昔(モクレン)
墓参り彼岸賑わう過疎の村(みえ子)
故郷の方角探し手を合わす(ムーンライト)


「塾]  京セラ北門前  NK塾 さん

大臣になるための塾行きたいな(夢修)
川柳の塾に和服の師はきりり(ヒトミ)
ライバルの急所が見える塾の汗(逸郎)
少子化に塾経営もとばっちり(ピアノ)
塾長の子どもは医大ストレート(清展)
塾の子に合わせ家族のスケジュール(めぐみ)
塾帰り待つ親の列夜がふける(モクレン) 
塾通い戦始まる現代っ子(みえ子)
塾帰り月の明かりが道しるべ(ぱんだ)


「住まい/建物」  中郷町 すわはら建設 さん

大工さん味方につけてマイホーム(夢修)
幸せな家は外まで笑い声(逸郎)
バリアフリー 同居見据えて建てる家(ピアノ)
子供らが巣立った後の家広し (モクレン)
線路沿い騒音さえも友になる(ヒトミ)
門松も新居に負けず凛と立つ(みえ子)


たくさんのご投句ありがとうございました。
次回 第3週放送分までの中から、月間賞を決めて賞品をお届けします。
お楽しみに ❤
そうそう、次回は夢修さんと紅雀、ゆうすけさんでお届けの予定ですよ。
こちらもお楽しみに ★ 

[PR]
# by synjyoko | 2015-01-04 10:13 | Comments(8)

おみくじ

神の教
ふいて除けましょう、心の誇り、それがさび付きや身の破滅

私を誰よりも偉い、かしこい、私一人が正しいのだ。などと誇る気持ちになった時、他人を見下す、さげすむ。やがて他人から毛嫌いされ、爪はじきされ、世の中が狭くなる。祓い給え、清め給え、専念この神語を唱えて祓いましょう。心の誇りを、身の埃りを。


次女に引いてきてもらったおみくじは「第二十九番 末吉」だった。

波のおと 嵐のおともしずまりて 日かげのどけき 大海の原

今までの苦しみわずらいもいつか消え心楽しい時が遠からず来ます。唯御助を祈って心平らかに授けられた自己の職務を熱心につくしなさい


「末吉」を確認してから、裏面の「神の教」を読んでドキッとした。怖くなった。恐る恐る表を読んだら、少し落ち着いた。
一年間このおみくじをお守り代わりにしよう。大切なことを教えてくれた。
[PR]
# by synjyoko | 2015-01-02 08:22 | Comments(0)

ここせんスペシャル

新春 1/3(土) 川柳募集  ここせんスペシャル 

6回にわたって熊本の黒川孤遊さんを講師にお届けした、初心者向け川柳教室ラジオ版「ここせん」が終了した。
孤遊さんには、ラジオのあとに夢修さん宅で孤遊塾まで開いていただき、本当にお世話になった。
搾り取るだけ搾り取られた・・・と仰るほどに ((+_+))

帽子を目深にかぶるとハリウッドのスターのようだと、最後の最後に誰かに言われていたが、上背があってかっこいい。
いつもニコニコと精力的に取り組んでいただいて、声が「上岡龍太郎」さんに似ているとラジオ局の女性に言われたこともあった。
つまり声もいいってこと? いやいや、感謝は尽きないということを言いたかったのだが・・・

で、これで終わるのはもったいないし「志半ば…」の感があったので、協賛金を集めての番組継続を図った。
どうにか1回目の資金が集まったところで、このスペシャルを企画した。おかげさまで協賛金は順調に集まっていて、30分番組を月に2回のペースで国文祭まではできそうだ。
協賛各社関連の川柳を募集して発表することにした。受け付け順に月に5社程度を発表する。協賛の口数に応じて川柳の発表回数を考慮する。
各社の宣伝効果があればと思う。応募句の中から「月間賞」を作って何か送ることも計画中。この賞品も頂けることになった。

ということで、1/ 3正午から1時間の「ここせんスペシャル」にて協賛各社の関連川柳?を募集します。
1.お寿司 2.お寺 3.お墓 4.塾 5.住まい・建物
ほんの遊びですので、お手隙でしたら私にメール、またはこのコメント欄にて(非公開にします)お知らせください。
よろしくお願いいたします。

12/28 餅つきのあと 桜草 撮りました。
さくらママのご助言の通り、プランター植えがよく育っています。
花壇のは小さめです。
b0338781_08575378.jpg
b0338781_08583500.jpg
b0338781_08581666.jpg


この日は午後から、夢修庵お楽しみ会主催の素晴らしいファミリーコンサートがありました。
斎藤玲子先生と先生のご主人、息子さんご夫婦が集まって、玲子先生の地元高来小学校体育館でのコンサート。
終了後の玲子先生のご挨拶が良かった「ご先祖様がお墓から出て来て、ここで聴いていてくださっていると思います」
胸がジンジンしましたね・・・とかごっま弁で言いながら、ちょこっと川柳の広報もやりました。


歌声にこころ磨かれコンサート   紅雀
[PR]
# by synjyoko | 2014-12-31 09:11 | Comments(10)
表紙裏 第30回国民文化祭案内

《事前投句》
高校生・一般の部
「ほがらか」松代天鬼(愛知)
「芋(いも)」堀井勉(神奈川)
「乗る」 長島敏子(兵庫)            
「宿」西恵美子(宮城) 


「宿」が当日投句になっていました。
お詫びして訂正いたします。

ただいま到着しました番傘誌も、私の送った原稿が間違っていたので
そのまま掲載されています。番傘本社にも大変なご迷惑をおかけしました。
本当に申し訳ありませんでした。

第43回南日本女流大会の題

「ばらばら」⇒「ぱらぱら」

ぱらぱら  鹿児島  亀之園憲子
陽だまり  鹿児島  平瀬 芙蓉
リーダー  鹿児島  大窪りんず
遠い日   入来   春田あけみ
味     入来   外園ピアノ
揺れる   宮崎   中武 弓


第40回と同じ題でした。お詫びして訂正いたします。
すでに作っていた方には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
[PR]
# by synjyoko | 2014-12-29 09:36 | Comments(2)

ここせん最終回

12月「ここせん」

補助金を利用しての放送も最後となりました。
孤遊さんのメモをお借りしての投稿です。

「どきどき」26句中 恋のドキドキ 12句(4割6分)

《名句鑑賞》
子を生まぬ才女が増えて国やせる 名川芳子
唇を盗むにちょうど良い月夜   井上由紀子
うしろ手に鍵をおろしたのは女  大木俊秀

《投句作品》番号は秀句順  黒川孤遊 選
1 老春を絶景の地で取り戻す      こすけ
2 分娩室行ったり来たりする廊下    山ゆり
  列島をドキドキさせる活火山
 「今年ひ孫が二人増え五人のひ孫です。良い年でした。」
3 宝くじ新聞開き ドキドキと     こがやき紋次郎
  ドキドキドキまさか不倫に堕ちそうだ すいせん娘
4 臨終の主役心電図が奪う       すいせん娘
5 プレゼント持ってサンタになる夜明け すいせん娘

  初デート胸の鼓動が止まらない   こがやき紋次郎
6 夜の道 不意にとびだす人と猫    こがやき紋次郎
  
  投稿に心ドキドキ発表日         花
  福寿草早くあなたに逢いたいの   ゆきおんな
  人妻に揺れる心のふるえる手    妹背川
  腹賭けがちらちら覗く野球拳    パテシェ     
  ドキドキもどこかに置いて年は暮れ ひげじい




《1分間川柳》
「旅」
引き返すことのできない旅を選る   あけみ
遠い旅だったあなたへたどりつく   あけみ
ラジオ聴き心の旅はどこまでも    紅雀
父の背に揺られ出かけたレンゲの田  紅雀
初めての飛行機に子は振り向かぬ   紅雀
あれも記念これも記念と大荷物    ゆうすけ
カメラよりケータイ向ける旅の群れ  ゆうすけ
行先をテレビ見てから決める旅    孤遊
足のマメ潰して今日も旅の空     孤遊
宙(そら)の旅地球の色を確かめに  孤遊

[PR]
# by synjyoko | 2014-12-27 22:59 | Comments(3)