紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

つばさ12月号の表紙絵   ★ここせん12月川柳道場 「白(しろ・はく・びゃく)」折句「そ・う・じ」「わ・ら・う」 よーこ選 〆切12/15  到着済み:恵・風化・喜宏・たかこ・よしひさ・ぱんだ・まこと・むーんらいと・春爺・ミモリ


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

おこわ作り

金時豆のおこわ

20年来の友人(私より10歳年上)の作るおこわがおいしいので、作り方を教わった。
前の晩から浸けておいたもち米と豆を持参でわが家へ来てくれた。。
もち米はざるにあけて、蒸し器へ。
豆は鍋に入れて柔らかくなるまで煮る。少しの砂糖と塩で味をつける。
煮えたら、煮汁をボウルに取り分けておく。
蒸し上がったもち米を深い器に移して豆の煮汁をかけて、まんべんなく混ぜ合わせる。
煮汁が全体に行き渡ったら、豆を入れて均一になるように混ぜる。
良く混ざったら蒸し器に戻して、もう一度蒸す。ごましおをかけていただく。
b0338781_12405942.jpg
b0338781_12413571.jpg
b0338781_12420805.jpg
b0338781_12422249.jpg
b0338781_12423957.jpg
b0338781_12425409.jpg
b0338781_12431891.jpg

もち米一升でこれだけできた。
[PR]
by synjyoko | 2016-10-31 13:08 | Comments(2)

南日柳壇

誘われる秋満載の朝刊に
b0338781_08544341.jpg

南日柳壇に載せてもらった。麻井文博選の2度目だ。ありがたい。
8月から少しでも何かの力になればと思って、月1句だが両選者に送っている。
牟田島思淡選にはなかなか拾ってもらえないが、続けていくことに意味があると思うので、結果にこだわらず投句を続けたい。
この写真、先日私たちが行ったコスモス畑だ。さすが、プロが撮るとこんなに素敵!


b0338781_08440698.jpg

常連の小園逸郎さん(入来わくわく番傘・千葉市)と並んで掲載された。

よったまさんへ
ハガキのみですね。出してくださると嬉しいな❤
b0338781_16530965.jpg


よったまさん、ひろば欄はwebでも大丈夫ですよ。「南日本新聞」で検索すればOK!
b0338781_16570539.jpg



[PR]
by synjyoko | 2016-10-30 09:05 | Comments(3)

小学校でオーケストラ!

入来小学校にて関西フィル♪
b0338781_18484967.jpg

26日は文化庁主催の巡回公演が入来小学校で開催され、そのおこぼれを頂く形で聴きに行った。子ども向けにアレンジしてあり、楽器の説明なども盛り込んで楽しいステージだった。

国文祭のプレ大会を行った素晴らしい体育館が、音楽堂に変身していた。オープニングは柔らかな音色で「シベリウス カレリア組曲」70名というオーケストラがこんなにやわらかな音色を響かせるんだ・・・と思いながら聴き入った。

「アイネクライネ・ナハトムジーク」など聞いたことのあるような曲が続く。楽器紹介では、それぞれがバラエティーに富んだ音色を、童謡や民謡、CMソングなどに乗せて。茶わん虫のうたも飛び出した。

そして最後には、平成30年度に統合される3小学校(入来・朝陽・大馬越)の校歌をフルオーケストラで演奏。各校の児童たちが声高らかに歌った。聴いている大人たちが涙涙だった。何という素敵なプレゼントだろう!

私の横にいた80歳を越える入来小学校卒の男性が、立ち上がって一緒に歌われる姿に目頭が熱くなった。この文化庁の事業は、校長先生が応募をして当たったら開催されるものだそうだ。ありがたいことだった。

心温まるステージを共有できたことは、心の宝物になった。写真撮影も録音もできなかった。

[PR]
by synjyoko | 2016-10-28 19:09 | Comments(2)

自由律の句会

日奈久で山頭火
b0338781_10382078.jpg
b0338781_10385544.jpg
b0338781_10485713.jpg
b0338781_10425967.jpg

行けなくて残念だった。来年は行くぞ!!!と思った (*^^*)
だって、その場で格安の反省会があったんだって!
[PR]
by synjyoko | 2016-10-27 10:51 | Comments(2)

桜ケ丘句会 10月

コスモス畑
b0338781_21440736.jpg
b0338781_21443220.jpg
b0338781_21445086.jpg
b0338781_21450664.jpg
b0338781_21461947.jpg

今日は2回目の桜ケ丘句会。
前回が12名で驚いてしまったが、辞退者などもいて今日は6名だった。
何となく会の進め方も決まってきた。
句会の写真は撮っていないのだが、帰りに鹿児島市都市農業センターに寄って、9分咲きのコスモスを堪能した。
久し振りの行楽?だった。
[PR]
by synjyoko | 2016-10-24 21:50 | Comments(4)
おぼろ月呼ばれたようで返事する
b0338781_10132966.jpg
b0338781_10134501.jpg

よったまさん、おめでとう!
[PR]
by synjyoko | 2016-10-24 10:14 | Comments(5)
あの頃の僕がまだいる駅の椅子   
b0338781_07014203.jpg
真岡鉄道 折本駅@茨城県筑西市下館

      あの頃の僕がまだいる駅の椅子  トリトリ
[PR]
by synjyoko | 2016-10-23 07:08 | Comments(2)

FMラジオ川柳

ここせん10月

●川柳道場 「ふるさと」 岡本 恵 選
めぐみさん、ありがとうございました!
いくつかのミスがありました。お詫びいたします。
《入選》 
ふるさとも夕焼け色に染まるころ  むーんらいと
ビル街がふるさとになる三代目  まこと
母さんの寂しさ摘みにふる里へ  しま
ふるさとで蕎麦屋を開く父の夢  まゆみ
ふるさとにまだ少年の僕がいる  よったま
望郷の念に錦がじゃまをする  春爺
ふるさとに似顔絵に似た人といる  与生
星が降る里のしじまを突き抜けて タイゾー
山彦にここが好きよと返事する やまんばモッコ
カタカナで書かれ故郷が遠くなる  十六夜

《佳作》 
子に送る柿栗蜜柑新聞紙   よーこ
吾亦紅ポキリとふるさとが刺さる  よーこ
ふるさとをやがて地球と書く子孫  清展

《準特選」 
サバンナに思いを馳せるキリンの目 たかこ
首を伸ばして遠くを見つめるキリンだからこそ共感を呼ぶのでしょうか。現在地の方が良いかもしれないのに…?

《特選》 
あの頃の僕がまだいる駅の椅子  トリトリ
 映画のワンシーンが浮かぶようです。誰の心にもある懐かしい駅の「椅子」に焦点を当てたところがお見事でした。私もあの頃の自分と話がしてみたい。

軸吟 ふるさとの時計を止めてお嫁入り



●累計点数と順位
1 たかこ 6.4
2 しま 5.9
3 よーこ 5.4
4 むーんらいと 4.8
5 十六夜 4
6 恵 3.8
7 春爺 3.5
7 雨水 3.5
7 トリトリ 3.5
10 与生 3.3
11 まゆみ 3
11 ぱんだ 3
11 まこと 3
14 よったま 2.2
15 タイゾー 2
15 ミモリ 2
15 やまんばモッコ 2
15 清展 1.3
19 喜宏 1.2
20 紋章 1.1
21 ちかよし 1.1
21 文切 1
23 なごみ 1
23 六角 1

●折句で遊びましょう
「ゆうが」 事務局選
ゆったりと海を見ながらガスを抜く たかこ
夕焼けにウキウキするよガールハント  夢修
憂鬱な宇良負け越してがちショック  清展
優柔に浮世の嵐がぜん吹き  春爺          
夕焼けを映しこみます画布を立て  ミモリ
床下に鬱で倒れたガードマン   文切
唯一無二宇宙に刻むガガーリン ちかよし
友情の美しさ知る合唱部   まゆみ
悠然と嘘っぽい月が輝く   雨水
ゆびきりの疼く小指を噛みしめる むーんらいと
夕暮れに歌を歌ったがむしゃらに   ぱんだ
百合の花飢えた子が摘む崖の上   喜宏
憂鬱を打ち明けてみる街灯に   六角

「ゆうが」  めぐみ選
天 雪の朝海は自ら画家になる   まこと
地 勇敢な浦島太郎崖っぷち  与生
人 湯けむりに歌う露天で合唱団 やまんばモッコ
軸吟 ゆっくりと生まれ変わってガラス玉


折句「ひとみ」  事務局選
暇だから友達呼んで味噌作り たかこ
久しぶり友達と逢う澪標  夢修
引き返すときめき揺れる未練橋  春爺
一人酒友を待ってる三日月と  ミモリ
ヒール履き飛び跳ねているミスジャパン   文切
瞳から時々君を見失う ちかよし
姫君を豆腐の角で道連れに  与生
ひと言のとっさの機転身を守る  雨水
拾いもの届け陽気が満ちてくる   喜宏 
ひらひらと飛ぶ蝶々また見失い  むーんらいと
秘密の恋となりの君に身を寄せた   ぱんだ
一晩中当選確実見続ける  やまんばモッコ
ひりひりと時計の針を見ていた日   六角


折句「ひとみ」  めぐみ選
天 ヒマワリの友の振りする見栄っぱり  まゆみ
地  ひたすらに都庁の粗を見抜く腹  清展
人 引っかかる刺を抜いたら見える道  まこと
軸吟 開いても閉じてもここに見えるもの

11月の題は「走る」「あさひ」「ゆうき」
トリトリ選
11/18 〆切    11/26 放送


[PR]
by synjyoko | 2016-10-22 18:26 | Comments(9)

10月20日

今日も多忙!

午前中はてんがらもんラジオ特別篇でピアノさんをゲストに、私がインタビュー。
大好きなピアノさんを皆さんに紹介できてうれしかった。
先週はいつもの川柳の番組だったので、2週続けてのてんがらもんラジオだった。

b0338781_23053036.jpg


youtubeで視聴できます。
てんがらもんラジオ10/20
中でも嬉しかったのは、先週放送分の川柳特選句に関する、作者ブログでのコメントだった。
涙なしには読めないものだったが、こういうドラマを川柳はたったの17音字で見事に表すことができることを実証できたと思う。
川柳のすばらしさを、ストレートに皆さんに届けることができたのではないかと思う。

《作者のブログより転記》
ごめんね 母さんのことを書いて 特選 貰ってしまったよ
母には 親孝行らしいことを何もした覚えがない 反抗期で罵ったことはある
でも感謝することは数えきれないくらいある

小学校6年の頃  家は貧しく父は日雇い人夫 酒を飲むと酒乱になる
夜勤明けで 何が原因か母を殴打する 母は涙をするが逆らわない
止めに入って私も殴られ 顔にあざが出来て そのまま学校に行きみんなに笑われた

そんな母に生活の足しになればと 早朝 納豆売りをして家計を助けた
午前3時過ぎには 起きられない 母に起こして貰い 一番電車で売りに行く
そして 中学2年の時は 9か月くらいだろうか 登校拒否をしてサボって歩いた

原因は 教師の私への濡れ衣であり 生徒全員の前で罵倒された
当時は 気が小さく返す言葉も無く 翌日から母には黙って 学校へ行かなくなった
かばんは持って家を出る 帰宅時間までどこか放浪して歩く

雨の日は困った 母にウソを言って 教材費など偽ってお金を貰い3本建ての映画を観る
背は小さいから子供料金で入れた でも通信簿は?と問われると 忘れたと言うしかない
次の学期も忘れたと言う 母は薄々感じているが 私には問わない

そしてあの日 母は私に向かって言う
辛いことがあるのだろうね 一緒に死のうと言い出した
学校は長いこと行っていないが 私としては そんなに深刻では無かったから驚いた
長期に休んでいて再登校は非常に勇気がいる 母が付いていこうかと言うが断る

そして ついに9か月後 学校へ行く 周りから何を言われても 開き直って気にしない
必死にブランクを乗り越え追いついた これが今の私につながる
その後のある日 母が疲れ果てているのを見た
肩を叩いたり 揉んであげたのを覚えている
母の肩が揺れる 覗き込むと泣いている おそらくうれし涙だろう

『とんとんと肩たたいた日 母涙   のびた』 




午後イチで大馬越小学校にて読みきかせ
b0338781_23060595.jpg

あけみちゃんと二人で、5冊の本を読んだ。カゴッマの昔話に感想をもらえてうれしかった。
b0338781_07210676.jpg

内緒だけど、大馬越小学校の学習発表会で「大馬越小川柳大会」をさせていただくことになった。うれしいなぁ~

そして自宅に帰り、あけみちゃんと2月のアフター国文祭の打ち合わせ。あれこれ。

夜はコーラスの練習。体育館ではハンヤ祭りの練習をしていて、駐車場が満杯だった。
薩摩川内市の各地域から集まっていたようだった。
b0338781_23063296.jpg

秋はみなさん忙しそうだ!

[PR]
by synjyoko | 2016-10-20 23:40 | Comments(0)

名作皿?

いただきました (*^^*)
b0338781_06254232.jpg
神鳴りさんという夢修さんのお友達の、川柳に足を突っ込みそうな方?からいただきました。
皿に絵を描いたのは初めてだそうです。表情がかわいいです。が、どんな風に使えばいいやら・・・ペン皿くらいかなぁ~
[PR]
by synjyoko | 2016-10-19 06:30 | Comments(1)