紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

つばさ10月号の表紙絵   ★ここせん10月川柳道場 〆切10/20 たかこ 選 「迷う」 折句「す・て・る」「ひ・ろ・う」 到着済:まゆみ・のびた・よーこ・颯爽・よったま・たかこ?・文切・ちかよし・まこと・むーんらいと・喜宏・春爺・さだお・恵・風化・ミモリ・ぶらっく・清展


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

温泉川柳

第5回入来温泉わくわく川柳大会(誌上)
b0338781_09023838.jpg



応募期間 6/1~7/31
応募資格 一般・学生(2年生のみ)
応募料  1000円(学生は無料)
選者  ◎松橋帆波(川柳マガジン 東京句会世話人)
    ◎いわさき楊子(ららの会 会員)
    ◎石神紅雀(入来わくわく番傘川柳会)
    ◎勝田芳孝(副田地区コミュニティ協議会)
賞品  大賞には 
米1俵・焼酎3升・みそ1甕 のうちのどれか
    他にもたくさんの賞あり

   《応募用紙などこちらからダウンロード》

第5回を迎える温泉川柳大会。
地元コミセン主催という温かなお言葉に甘えて、事務方は全てお任せ。昨年度参加の皆さまには、応募用紙が郵送されたことと思います。
毎年同じ題でなかなか作りづらいと思いますが、ご参加をよろしくお願いいたします。またサプライズ賞として、昨年と一昨年はホテルのペア宿泊券が贈られました。今年は何になるかな?どうぞお楽しみに。

[PR]
by synjyoko | 2016-05-31 09:26 | Comments(2)
川柳つばさ6月号

b0338781_14074735.jpg

今月の表紙:「雨狐」
 時雨、驟雨、夕立、遣らずの雨。雨には色んな名前がありますが、そのどれもに先人達の「粋」を感じずにはいられません。雨に親しんだ彼らのように、僕も万事を愉しむ心意気を持とうと思う今日この頃です。(春田遼佑)

つばさから10句

風連れて雲も一人じゃ寂しいと  永田りりこ
これ以上好きになったらどうなるの  春田あけみ
スマイルを忘れた母とお茶を飲む   平川とよ子
得るものがきっとあるはずやってみる  外園ピアノ
風青しトロリーバスを吹き抜ける   間瀬田紋章
そして今難民となる車中泊   松本清展
何となく過ごす一日ありがたい  池頭 英子
湧水がうまい生きようもう一度  石原 夢修
電気ガス水来てヒトは人となる  黒川 孤遊
八十路過ぎまだまだ動く光る鍬  田口いさ子


ここせんの冒頭で毎回紹介している。
入来わくわくの古くからの会員さんは10年を越えているだけあって、それぞれがそれぞれの持ち味を持つ立派な川柳作家に育っていると思う。

第35回鹿児島県新人川柳大会


平成28年7月24日(日)
鹿児島市勤労者交流センター7階
(鹿児島中央駅前イオン)

開場   10時 
投句締切 11時30分

題と選者(各題2句)
「糸」    深道 岳柳(同好会)
「砕く」   小林 青柳(同好会)
「うっかり」 上原しず香(入来)
「深い」   馬場ナオミ(指宿)
「ゆるゆる」 石神 紅雀(入来)

川柳を始めて5年以内の方が対象
優勝者は、次年から2年間選者を務める


新人さんを発掘する大会になればいいと思う。
ここせんからも参加者を募っている。局長さんは参加してくださるので、局長さんの後からぞろぞろと・・・とならないかな❤
[PR]
by synjyoko | 2016-05-30 10:48 | Comments(15)

FMラジオ川柳

ここせん5月

みなさんご投句ありがとうございます。次回の6月でちょうど1年になりますので、リセットして7月からまたゼロから始めます。6月までの累計成績上位の方を選者にした大会を計画しようかなと思っています。アフター国文祭○○大会。誌上大会になるかどうかも未定ですが、「何か」やりますので、またご協力をよろしくお願いいたします。

川柳道場 「咲く」 笹田しま 選

◎ひよこコース (6名)15句
特選 花好きに供えたユリが凛と咲く ムーンライト
お母様でしょうか、花を愛した方の凛とした佇まいが百合
の花と重なります。百合の白さや香気をバックに、作者の
その方への思いも感じ取れてドラマ性のある句に仕上がり
ました。
準特選 咲いてみる?つぼみ同士が打ち合わせ  ぱんだ
蕾たちの可愛らしいおしゃべりが聞こえてきます。「そろそろ
咲いてみようか?」とヒソヒソ打ち合わせをして、ある日一
斉にパッと咲く。花の動きが想像できて楽しい句です。

佳作1 咲く花にまだかまだかとシート敷く  ムーンライト
佳作2 雨が降る色とりどりの傘がさく  レモンライム
佳作3 雪に咲く椿のような人となれ  トリトリ


○白帯コース(9名)24句
特選 花好きに供えたユリが凛と咲く  ムーンライト
お母様でしょうか、花を愛した方の凛とした佇まいが百合の花と重なります。百合の白さや香気をバックに、作者のその方への思いも感じ取れてドラマ性のある句に仕上がりました。
準特選 押し花に封印された暑い夏   タイゾー
かつて命を持っていた「押し花」に焦点を当てた句です。夏の日の熱気を閉じ込めて、今なお美しく咲いている花。青春の思い出を抱えながら生きている世代への応援歌でしょうか。

佳作1 野の花は人目気にせず好きに咲く  ちかよし
佳作2 咲いてみる?つぼみ同士が打ち合わせ ぱんだ
佳作3 咲く花にまだかまだかとシート敷く ムーンライト
入選1 種となり埋もれ未来に花咲かす タイゾー
入選2 被災地に紅い善意の薔薇が咲く 喜宏
入選3 腹ペコの戦後話に花が咲く  喜宏
入選4 咲いて散る人も同じか余命表  ちかよし
入選5 雨が降る色とりどりの傘がさく レモンライム

1 ムーンライト 34
2 タイゾー 27
3 トリトリ 17
4 のみすけ 14
5 喜宏 12
6 ぱんだ 11
7 ちかよし 10
8 やまんばモッコ 7
9 レモンライム 5
10 空花 2


●黒帯コース(15名)43句
特選 バラ咲くと私の五感冴えてくる  よったま
季節の花を素材にした詩的な作品で心惹かれます。真っ赤なバラを思い浮かべましたが、花開くことによって感覚が研ぎ澄まされてくるという作者。初夏にふさわしい爽やかな1句です。
準特選 咲くときにホッと声だす白桔梗  よーこ
涼しげな白い桔梗。そのふっくらとした蕾が咲くときには、確かに音を立てそうです。作者の豊かな感性はそれを、声と受け止めました。「ホッ」という声、今度聴いてみようと思います。

佳作1 くまモンへ今ふたたびの「花は咲く」 清展
佳作2 嫁ぐ日の庭にひっそりクレマチス  たかこ
佳作3 洋蘭に負けぬシロツメクサの意地   春爺
入選 1ときめきの花を咲かせるひとり旅  よったま
入選 2手話の指花を咲かせて皆笑顔   よったま
入選 3返り咲く野望は捨てぬ左遷の地   まゆみ
入選 4ガッツ湧くアスファルトから咲く命   まゆみ
入選 5せっかちが季節外れに咲いて記事   ピアノ
入選 6慎ましく抱かれたままで咲いている   文切
入選 7追伸に真っ赤なバラを咲かせます   紋章
入選 8飽きるほど咲いて周りを困らせる   たかこ
入選 9咲けば散る定めに逆らわぬ覚悟   恵
入選10咲く手前までなら辿り着けるのに   文切

軸吟 胸の奥お見せしますと咲きほこる    しま

1 十六夜 30
1 よったま 30
3 たかこ 24
4 恵 21
4 与生 21
4 しま 21
7 まゆみ 17
8 春爺 16
9 紋章 14
10 雨水 13
11 文切 12
12 夢修 9
12 ピアノ 9
12 清展 9
15 ミモリ 6
16 よーこ 5

☆折句で遊びましょう  
天地人のみ 笹田しま 選 (他は1人1句を事務局選)             

「い・わ・し」
いい酒と和食遺産に舌鼓   春爺
一張羅私の好きな白いシャツ  たかこ
石垣をわっぜか肥後の震度7   清展
鰯刺しわさびが旨い至福の日  夢修
勢いでワイルドになる塩らっきょ  与生
いつからか忘れたことを知らんぷり   文切
市松模様沸かすデザイン賞をとる  ピアノ
生け花に和のこころ盛る老舗の灯  まゆみ
いい気持ち わしづかみする四十肩 やまんばモッコ
一匹をわしづかみして塩水に レモンライム
いつまでも私を見てるシャイな人 ムーンライト
今はまだ別れ話をしてはダメ ぱんだ
いじわるねわたしの気持ちもしらないで  ゆきけいのけい
居候ワイン飲んだら叱られた  雨水

天    遺産分け悪い大人の修羅の場所  ちかよし 
地   いい匂いワッフルを焼くシーサイド  ミモリ 
人   いい日ですワイングラスも喋り出す 喜宏  
軸   言いかけて割れてしまったシャボン玉   しま

「お・さ・む」
後れ毛も爽やかなりき娘さん   春爺
オードブルサフラン飾りムード出す  たかこ
追い風に逆らい負った向こう傷   清展
おおきにとサンキューいつも胸に抱く  夢修
オバQの三本の毛の毟りあい 与生
老いてなお悟りを開く難しさ  ちかよし
折ってある三ページ目の胸騒ぎ  文切
鬼ごっこ探すふりして無視してる  ピアノ
沖縄忌サーフボードに無我夢中  まゆみ
お姉さんさわやか吐息胸騒ぎ やまんばモッコ
オスメスの左右みわけがむずかしい  レモンライム
おい!誰だ?賽銭盗む無法者 ぱんだ
俺が行く散々揉めた婿養子  雨水

天   折り鶴も寂しい時は群れへ舞う  喜宏
地   お若いとささやかれつい無理をする  ミモリ
人   おひねりを三途の川が無心する  ムーンライト
軸   追っかけをさらりと躱し向こう岸   しま


※6月の課題  川柳道場 「半分」  よったま 選
        折句 「た・お・の」 「ぴ・あ・の」
        各題3句
放送 6/25  〆切 6/17 



おまけ:この前の単衣 帯を白の半幅、半襟を黒にしました
b0338781_17511861.jpg
後ろ姿:貝の口しかできない・・・
b0338781_17512911.jpg
撮影はあけみちゃん
[PR]
by synjyoko | 2016-05-28 17:53 | Comments(20)

ぼた子のつぶやき

新製品誕生!「いり☆き☆らり」
b0338781_17554125.jpg
b0338781_17560541.jpg
b0338781_17561737.jpg


入来の国立天文台のことを紹介したくて、「星型のお菓子」をいつも考えていた。
星型のクッキー・星型のスコーン・星型のイコ餅・・・
どれも保存法などにつまずいて、なかなか実現しなかったが、先日テレビで金平糖を見て「これだ!」と思った。
早速、会計さんの承諾を得てネット注文。名前をみんなで考えて・・・今日誕生した「いり☆き☆らり」。
へんてこな名前だが、人気に名前がついてくると思う。最初は「こんぺいとう」でいいのだ。可愛いお菓子ができて、大満足だ。ヽ(^o^)丿

ついでに報告:5月の夕遊市の売り上げの一部を熊本地震へ
当分は続けていく予定
b0338781_18411609.jpg

[PR]
by synjyoko | 2016-05-27 18:04 | Comments(0)

入来中川柳教室

プレバトって知ってますか?

と、生徒に聞かれた。
めっちゃ面白いですよ。夏井先生が作品にいろいろ言って、直すんですよ。
あー、ネットで見た。梅沢冨美男が出てるよね・・・

と、まさかの夏井先生の登場で、声を掛けやすくなった。

「甘い」の作品
かき氷君との甘い恋の味

・・・あのさ、夏井先生だったら、かき氷は甘いってわかってるから、甘いは要らないって言わないかなぁ~

あー、そうですね、そうだそうだ、きっと言いますね・・・よっしゃ!

かき氷君とぼくとの恋の味

うーん・・・恋も君とぼくとでするよねぇ~

ああ、そうか、そうですねぇ~

かき氷○○○○○○恋の味

中句を考えましょう・・・


そんなこんなで、昨日も逃げ出したいくらい忙しい日だった。
20日入稿のつばさが納品されるとあって、昨日から封筒と一筆箋を準備。
温泉川柳のチラシも同封せねば・・・
コミセンへチラシを取りに行ったり、あれこれ。

11時過ぎにつばさ到着。
2時からの歌おう会と、3時からの入来中が予定に入っているから、1時半までには仕上げなくては・・・
一筆箋1冊半(約80枚)、封筒を130枚。。。どうにか1時過ぎに終了。
b0338781_11523311.jpg
b0338781_11530511.jpg


川柳教室には着物と決めているので、急いで着替えて「歌おう会」へ。
会計担当なので簡単に休めない。前半30分で退出。お金を払って中学校へ。

中学校からあけみちゃんの職場へ直行。
彼女の分のつばさを渡して、副田地区の配達をお願いした。私は浦之名地区を配りながら帰った。「全部顔を出さないで、時にはどれか休めばいいのに」と、あけみちゃん・・・(>_<)・・・


この前の単衣、帯を半幅に変えた。
b0338781_11532009.jpg
撮影はトマリック❤



[PR]
by synjyoko | 2016-05-26 11:58 | Comments(8)

てぃーたいむ誌

ようこそわが町へ
b0338781_08252835.jpg

南日本新聞の付録?「てぃーたいむ」誌の特集に入来町が・・・
新聞の販売所のみなさんとは顔なじみ。所長は私を「ネエサン」と呼びます。

●入来神舞・・・国文祭関連の写真に使いました
●入来温泉湯之山館・・・
第3日曜日の夕遊市に「チーム入来おこし」で出店中。
6月からはじゃんけん大会があり、賞品に「雪姫ホール」を出しますよ。4時からです。

[PR]
by synjyoko | 2016-05-26 08:40 | Comments(0)

温泉川柳

第5回入来温泉わくわく川柳大会

に先立って、たった1回の川柳講座が開かれます。参加者にはぼた餅とお茶が振る舞われます。もちろん「入来ぼた子」川柳付きです。
たくさんのご参加をお待ちしております。
b0338781_15060304.jpg


こちらが応募用紙
b0338781_15072265.jpg


《ぼた子のつぶやき》
昨日、雪姫を焼いてホールのパッケージを仲間と考えていたら・・・
じゃ~ん! こうなりました。 言わずと知れた弁当箱ですが、表を丸く繰り抜いただけで、覗き穴ができました (#^^#)
b0338781_15130639.jpg
 この週末から、随時お店に置けるといいなぁ~❤

[PR]
by synjyoko | 2016-05-24 15:16 | Comments(0)

雑草社大会

☆雑草社に県川柳の未来を見た☆
b0338781_07453764.jpg
5/24 南日本新聞

今日は雑草社の大会へ行った。お客さんで気軽に行ける大会はうれしい。
b0338781_15332661.jpg

注意点はこのように大きな紙に書いて貼ってある。
b0338781_16072934.jpg

10時に受付が締め切られて、開会。会長の挨拶。春と秋の大会が100回を越えたということは、50年を越えたことになる。選者の紹介。開会式終了後、投句を集めて選の開始。11時には弁当が配られる。12時15分より披講の開始。
選者は披講の前に選についてのことを言ってから、立って披講を始める。
b0338781_15333376.jpg
全ての披講が終わると、各題ごとにまた選者が前に立ち、注意すべき点などを教えてくれる。勉強になると思った。その間に集計をして、成績発表となる。
b0338781_15334182.jpg
1位の方は若い男性だった。まだ始めて2~3年ではないだろうか。2位は東さん。上位に最近入会の若い男性が3名も入った。司会担当の方もその一人。
いいないいな。ここから大きな流れを起こしてほしい。ぜひ、県民川柳大会にたくさんの方を雑草社からお呼びしたいものだ。

雑草社の大会に、初めてゆっくりと参加させていただいて感じることは、すべてがきちんきちんとしているということ。10時に開会、会長挨拶、選者の紹介あってからの選の開始。閉会式も各選者のコメントは興味深かったし、表彰式を前に席を立つ方は少なかった。2時ごろにはすべてを終了。
女3人でコーヒーとケーキを食べて帰ってきた。

私の入選句:
顔の利く部下をいつでも連れ回す(顔)
奢られる時は最高級コース(コース)
葬儀まで松竹梅というコース(コース)
主催者になって初めて知る苦労(知る)
遺言で知った父さんからの愛(知る)
低燃費成績偽造して破滅(成績)
 (燃を熱と誤記していたらしい・・・恥・・・)

雑草社はきやり調の結社で、平易平明で定型を厳守。
選者のコメントで、その題に私の出した2句ともが悪い例となった。
これもまた、考えようによっては光栄なこと。

今日は単衣を着て行った。
帯締めは「おろしたて」 誕生日にいただいた作家の一点物
ありがとうございました m(__)m
今日の着物の葉っぱ柄とマッチしていましたね。今、気づいたんだけど(*^^*)
b0338781_15334979.jpg
b0338781_20275403.jpg

[PR]
by synjyoko | 2016-05-22 16:10 | Comments(4)

昨日

うっかり
スマホのアラーム音がなかったら、まるで頭になかった昨日の予定。
朝一番(7時ごろ)に梅酒を漬けた。3つのものをカメに入れただけ。早くしないと梅が駄目になる。
b0338781_11520388.jpg
b0338781_11521726.jpg
b0338781_11523113.jpg


つばさを何とか木曜日のうちに印刷所へと思いながら、できなかったのであさイチには仕上げなくては・・・そればかり思っていた・・・7:30にアラーム音

「5月20日 9:30 県川柳協会反省会  13:30 谷山北公民館講座」

ん? まさか、明日の予定では??? しかし、確認すると間違いなく今日だ!!!(@_@)  最低でも8:30には家を出ないと間に合わない・・・その前につばさを仕上げて・・・あー洗濯物を干して・・・
あー・・・・・印刷所の担当者が電話に出ない!!! あー・・・反省会の資料も準備していない! あっ!!!それより公民館講座も・・・

公民館に確認の電話を入れた。「楽しい川柳」代210円、穴埋め川柳など となっていますよ・・・
ああ、そうだったそうだった、これで資料は不要だ。。。穴埋めも本があるから、コピーで大丈夫だ・・・

ひ~~~ ご飯も食べてなかった!!! ゴミ出しも諦めよう。生協もパス!
着物も無理! 諦めて洋服・・・  協会の反省会に遅れる連絡をして、なんとか9時前に出ることができた。

30分遅れて到着。たくさんの反省が出て、次回へとつなぐ。
谷山へ移動。車の中で買った弁当を食べる。
箸を持ってハンドルを握っていたら、後ろの席のナオミさんに笑われた。おにぎりをパクついてる人は見るけど、箸を持ってる人は初めて見た (@_@) って!

10分前に到着。芙蓉さんはすでに着いている。一緒に反省会を終えて、自宅経由で来たはずなのに・・・
この講座は昨年度から3人で進めている。今年の講座生は20名だった。
b0338781_12423557.jpg

例の替え歌を歌ったり、自己紹介をしてもらったり・・・楽しい川柳5ページと、穴埋め川柳2枚でちょうど時間となった。

宿題を出したら、「ええっ???」とブーイング(>_<)
あ、あの、必ずじゃなくていいですよ。宿題は出せる方だけで・・・
宿題ができてないから欠席しようとか思わなくていいですからね。
他の方の作品を聞くだけでも勉強になりますから・・・

ふぅ~~~・・・自分の物差しで測ってはいけないのだ・・・


[PR]
by synjyoko | 2016-05-21 12:59 | Comments(2)

テレビロケ

MBCテレビロケに飛び入り
昨年度まで入来の地域おこし協力隊だった亜希ちゃんから、テレビロケがあるから着物を着せてほしいと頼まれて、OK!をして、9時前に亜希ちゃん来宅。着せながら、亜希ちゃんが「石神さんも行けばいいのに・・・」と言うので、「じゃあ、いくか!」と9時20分に着付け終了、それから自分も準備をして9時45分に家を出た。集合時間は10時。お客様に「雪姫」をお土産にしようと、保管場所の入来会館経由で10時きっかりに集合場所に到着。

収録の番組名は、「ズバッと! 鹿児島  幕末温泉」 入来町内の温泉を巡る企画だった。 お土産のつもりで持参した「雪姫」の名前の由来から、番組内で紹介してくださることになった。思いもしない展開!!! 郷土歴史研究家の東川隆太郎さんと温泉ソムリエ六三四(むさし)さん。お会いするのは二回目。「あぁ~、きんかんの」と、味覚の記憶は鮮明らしくすぐに思い出してくださった。それから3時まで、長い長い収録だった。私が出たのはほんの一瞬。放送は6/18 9:30~
b0338781_00061251.jpg
b0338781_00063535.jpg
b0338781_00062309.jpg
b0338781_00070276.jpg
b0338781_00065409.jpg
初めてヘビが蛙を飲み込む場面に遭遇した。(@_@)
[PR]
by synjyoko | 2016-05-18 00:13 | Comments(4)