紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

★ここせん9月川柳道場 喜宏 選 「祭(まつり・さい)」 折句「す・す・き」「と・う・ふ」 到着済:よったま・めぐみ・春爺・たかこ・風化・文切・よしひさ・のびた・まこと・よーこ・清展・さだお・むーんらいと・颯爽・ブラック・ミモリ


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 22日 ( 1 )

読者モニター

南日本新聞を読んで③
b0338781_19174925.jpg
b0338781_19182580.jpg


《あくまきとは》
灰汁巻と書くように、もち米を竹の皮で包んだものを木灰の汁で煮たものだ。
上手くできると、米粒も分からないほどプルプルになるということを初めて知った。
私が今まで出会ったものは、米粒がしっかり残っていたので、このあくまきには驚いたのだった。
食感はわらびもちのよう。戦争に持って行くための保存食として作られたと聞いたことがある。

樋脇町で見つけたあくまき
b0338781_19383313.jpg


皮を開くと
b0338781_19381355.jpg


お箸で切って
b0338781_19375327.jpg


きな粉と黒砂糖を混ぜて、塩少々
b0338781_19373349.jpg


きれいなあめ色、お皿は吉野ヶ里大会でゲット
b0338781_19371240.jpg


きな粉をかけて
b0338781_19364815.jpg


たっぷり、まぶして
b0338781_19362500.jpg

[PR]
by synjyoko | 2017-05-22 19:41 | Comments(0)