紅雀川柳ブログ synjyoko.exblog.jp

★ここせん9月川柳道場 喜宏 選 「祭(まつり・さい)」 折句「す・す・き」「と・う・ふ」 到着済:よったま・めぐみ・春爺・たかこ・風化・文切・よしひさ・のびた・まこと・よーこ・清展・さだお・むーんらいと・颯爽・ブラック・ミモリ


by 太陽の陽子さん
プロフィールを見る
画像一覧

2015年 05月 23日 ( 1 )

句意

面舵に戦禍嗅ぎ取る生き残り                    石原夢修

先日の県民大会の大会句だ。昨日は午前中が川内川柳勉強会で、午後は夢修さん宅の「歌おう会」。
歌おう会に来られた元高校国語教師のO氏が夢修さんに、開口一番「おめでとうございます。素晴らしい句でした。もう本当に、文句のつけようのない素晴らしさでした」と。氏、いわく・・・「面舵」の一言で右傾化を詠み、「戦禍嗅ぎ取る」の表現の巧み、またそこを「生き残りで」締める・・・

私はそこまで読み切れていなかった。
面舵で右傾化・・・  は~・・・航海のことまでしか考えが及ばなかった。氏は夢修さんと俳句をされている。川柳の奥深さに恐れ入った。選者の馬場ナオミさんの選評を聞いたが、「右」という言葉があったかな。しかしこの句を特選に選んだ彼女も大したものだと思う。

b0338781_09042549.jpg

ところで、今朝の新聞に私の絵が掲載された。2月の投稿を4月の事前投句まで待って掲載してくださったお礼状を、新聞社の担当に絵手紙で出した。そしたら思いがけずイラストで掲載してもいいかとの電話をもらい、名前はどうしますか?とのことだった。お礼状は協会長名だったので。最初は主婦と本名でとお願いしたが、やっぱり「今」だからこちらの方にしてもらった。こんないい場所に掲載してもらって気恥ずかしい。それにこの絵は「こうやって描きましょう」のテキストを見て描いたもので、オリジナルではないところも気が引けている。川柳で言えば「焼き直し」のようなものかと・・・

 うしろめたさに新聞閉じる冷めたお茶  紅雀
b0338781_09154489.jpg

[PR]
by synjyoko | 2015-05-23 08:48 | Comments(5)